ホワイトニング(歯を白くする)

~ whitening ~

ホワイトニングは、歯を削らずに白くする審美技術です。
記録によると、世界初の薬剤を用いた歯のホワイトニングは、1844年に行われたそうです。と言っても、当時はそれほど効果が出なかったようなのですが……。
それから170年近い年月が経ち、薬剤や器具類はどんどん進化を遂げ、より安全でより効果的な方法が開発されてきました。 そして、その最新のもの(平成24年時点で、厚生労働省が国内での販売・使用を認可したホワイトニング剤のなかで)が、トヨタ中央研究所が開発した光触媒V-CAT(ブイキャット)を用いるジーシー社のTion Office(ティオン オフィス)です。
そんなお悩みを解消します!
審美歯科 イメージ 弊院の院長日野は、日本でのホワイトニング黎明期にトレーニングを受け、早くからホワイトニングへの取り組みをはじめていました。しかし当時はまだあまり良い薬剤が国内になく、アメリカ製の薬剤を個人輸入して使っていたのです。国内での認可を受けていない製品ですから、日本人にはあわなかったのでしょう。ホワイトニング中に患者さまが「イタ~イ!」と叫びだすことが何度か……。
そんなこともあり、日野はホワイトニングから完全に撤退していた時期もあったのですが、このトヨタ中央研究所の成果が応用されたホワイトニング剤を実際に試してみたとき、あまりの進化に感銘を受け、再びホワイトニングをみなさんにお勧めするようになりました。
厚労省の正式な認可を受け、わたしたち自身が確かめた新たなホワイトニングを、みなさまもぜひ試してみてください。
ホワイトニングで魅力的な白い歯に
歯に色がつく理由。

コーヒー、お茶、タバコ等による変色


ホワイトニング イメージ

色素が歯の内部まで取り込まれることにより、歯が黄色く見えてしまいます。

加齢による変色


ホワイトニング イメージ

年齢を重ねるにしたがって、人の歯は自然と黄色く変化していきます。

全身疾患に由来する変色


胎児の時期に、母親が服用した抗生物質や過剰に摂取したフッ素などの影響により歯が変色してしまうことがあります。

これらの要因により歯が変色してしまった場合には
「ホワイトニング」で改善することができます。
※変色の変化によってはホワイトニングの効果が期待できない場合がありますので、歯科医院へご相談ください。
ホワイトニングで歯を白くする。
ホワイトニング イメージ 歯のホワイトニングは、歯の表面に専用のジェルを塗り、化学的に白くする簡単な方法です。 歯科医院でその日のうちにホワイトニング効果を得る「オフィスホワイトニング」と、ご自宅でマウストレーにホワイトニングジェルを塗布して決められた時間、継続的に装着することによってホワイトニング効果を得る「ホームホワイトニング」の2種類があります。

TIONホワイトニングステップ
歯科医院でその日のうちに
オフィスホワイトニング

1.歯の表面をクリーニング
ホワイトニング イメージ オフィスホワイトニングについての説明と、現在の歯の色の確認を行います。そして、ホワイトニング効果を得やすくするために歯の表面のクリーニングを行います。

2.歯肉保護
ホワイトニング イメージ ホワイトニングジェルが歯肉に触れないように歯肉を保護します。

3.ホワイトニングジェルの塗布
ホワイトニング イメージ ホワイトニングジェルを塗布します

4.光を照射
ホワイトニング イメージ 表面に塗ったホワイトニングジェルに光を照射します。

5.効果の確認
ホワイトニング イメージ ホワイトニングの効果を確認します。

ご自宅で継続的に
ホームホワイトニング

1.歯の表面をクリーニング
ホワイトニング イメージ ホームホワイトニングについての説明と、現在の歯の色の確認を行います。そして、ホワイトニング効果を得やすくするために歯の表面のクリーニングを行います。

2.マウストレーの作製
ホワイトニング イメージ 歯の型をとって、ホワイトニングジェルを塗布するときに使用するマウストレーを作製します。 完成したマウストレーとホワイトニングジェルをお持ち帰りいただきます。

3.ホワイトニングジェルの注入
ホワイトニング イメージ マウストレーへホワイトニングジェルを注入します。 1歯あたり米粒2つ分を目安にします

4.マウストレーの装着
ホワイトニング イメージ ホワイトニングジェルが注入されたトレーを装着します。ホワイトニングジェルが歯面全体に行き渡っていることを確認します。装着時間は歯科医師の指示に従ってください。装着中も見た目の違和感は少なく、自然なつけ心地です。

5.経過の確認
ホワイトニング イメージ ホワイトニング効果の経過確認を行いますので、歯科医師に指示された日に来院してください。

歯が白くなる理由
ホワイトニングジェルに含まれる過酸化水素・過酸化尿素には、歯を傷めることなく色素を分解する力があり、この力によって歯を白くすることができます。
1.白くなるメカニズム
ホワイトニング イメージ
2.歯が変色した状態
ホワイトニング イメージ
歯の内部の色素が多く、歯が黄色く見えている状態。
3.ホワイトニングによる色素の分解
ホワイトニング イメージ
ホワイトニングジェルを塗布すると、徐々に内部までしみ込んでいき、色素を分解。
4.ホワイトニング後の白くなった歯
ホワイトニング イメージ
徐々に色素も減り、透明感のある白い歯になった状態。
Q.お口のことで満足していないことは? (2004年 ジーシー実施国民意識調査より)

ホワイトニング イメージ歯の色を気にしているのはあなただけではありません。 60%を超える方が歯の色について満足していません。 ほとんどの場合はホワイトニングによって改善することができます。 歯科医師またはスタッフまでお気軽にご相談ください。


保険内治療・保険外治療(自費診療、自由診療)   ⇒ 詳しくはこちら

当クリニックの最新治療をより快適にする保証です。   ⇒ 詳しくはこちら

問い合わせ ネット予約