小児歯科

~ pediatric dentistry ~

より良い成長をサポート
今の日本は、空前の少子化社会となりました。今後の人口減少・国力の衰退が懸念されています。 こんな時代にあって、子どもを産み育てていらっしゃるご家庭は、まさに国の宝といっても過言ではありません。 家族・親戚を超え、地域で子育て家庭を支えていくのは当然のことです。 わたしたちも、歯科医療を通じてみなさんの子育てをせいいっぱいお支えしたいと考えています。

ところで、大人と子どもでは、歯科治療の目的がまったく違うことをご存知でしょうか。
大人の歯科治療のイメージが「修理・保守」だとするならば、子どもの歯科治療は「育て・導く」というイメージが近いのです。 つまり「成長をサポートする」ということが一番の目的なんですね。
だから、むし歯すべてを必ず治療するわけではないし、逆に成長をスムーズにするため歯を抜いてあげることもあります。 すべての永久歯が生えそろう13~14歳ごろをゴールと考え、その時最善の結果が得られるよう、すこし未来を見通しつつ治療をすすめてまいります。

未来のお子さまへの大きなプレゼント!
小児歯科イメージ 「乳歯はいずれ入れ替わるから、虫歯になっても大丈夫」と思っていませんか。 実際には、乳歯のトラブルが永久歯に様々な悪影響を与えてしまうのが現状です。 小さなトラブルからきちんと対処していけば、永久歯を守ることができます。
子どもの頃からきちんと歯を守ることができれば、むし歯のない永久歯がキレイにならぶお口をプレゼントしてあげることができます。 そしてそれは、誰も奪うことのできない「生涯の健康」という財産につながってゆくのです。
むし歯ができちゃったお子さまに治療をおすすめするのは当然ですが、もしまだ歯医者さんに行ったことがなくむし歯もないお子さまでも、どうぞお連れになってくださってけっこうです。 歯医者嫌いにならないよう楽しく予防処置をすることで、お子さまの健康なお口づくりをスタートさせましょう。
むし歯の治療
子どもの歯(乳歯)は、大人の歯(永久歯)に比べて小さくやわらかいため、むし歯になりやすく、進行も速いです。 初期の小さなむし歯を見落とすと、気がついた時にはびっくりするような大きさになることも。 だから、あやしいなと思われたら、間違ってても全然かまわないので、なるべく早くお連れになってくださいね。
当院では、よっぽどの緊急事態でないかぎり、ムリに抑えつけて治療をすることはありません。 お子さまが「歯医者さん大好き」になるように、治療に対して前向きな気持ちで来てもらえるように、単に痛くしないと言うこと以上の様々な努力をしております。
そうは言っても、そもそもむし歯を作らないことが一番ですから、予防・定期健診をぜひともお受けいただきたく思います。
むし歯の予防
小児歯科イメージ 「むし歯の予防は、いつからできますか?」とよく聞かれますが、歯が生えてきたら、いつからでもスタートできます。 上下の前歯は1歳頃には生えてきますから、むし歯の疑いがなくても、定期検診を受けていただくのが望ましいです。 お母さまお父さまに、お子さまの状態に応じたアドバイスをいたしますので、どうぞお気軽にお連れになってください。

定期検診は、むし歯の早期発見・早期治療に有効なだけではありません。 検診と同時にフッ素塗布などの予防処置を行えば、成長に応じて歯を強くすることができます。 また、歯ならびの相談など、治療のタイミングが重要なことでも、機を逸することがありません。 未来あるお子さまのことですから、先手先手で積極的に歯を守っていけるよう、わたしたちのできる最大限の協力をさせていただきます。
乳歯からはじめる歯列矯正
あなたのお嬢さまやご子息の中学校の卒業式を想像してみてください。
卒業証書を片手にあなたに手を振るその笑顔は、綺麗な歯並びでむし歯一つない、健康・若さ・将来の可能性に満ちているステキな笑顔ではないでしょうか?
しかしそんなステキな笑顔も、お子さまの自然な成長の中ではなかなか得られません。 その原因は、食生活の変化です。ここ60年で、日本人の食べ物は急速に柔らかくなってしまいました。 そのため歯が生えるアゴの骨の成長が遅く・小さくなり、すべての歯がキレイに並びきらず、結果として歯並びが悪くなってしまうのです。
アゴの骨の成長は、小さい頃ならばコントロールできます。方法は大きくふたつあり、ひとつは、食事内容を改善したり、アゴの成長に良い生活習慣をご指導してゆく方法。 それほど悪くない状態から管理であれば、この方法で十分なこともあります。もうひとつは、乳歯の時期から積極的に矯正して、アゴの成長を促し永久歯が正しく生えるように導く方法です。 この方法を、歯列育形成といいます。 アゴの成長発育をうまく利用するこの方法では、通常の矯正と違い、永久歯をほぼ抜かずに治療できます。
従来の方法では、健康な歯を抜いて歯並びを整える手法が主ですから、歯列育形成のメリットは明らかです。 ただ、この方法は適用年齢が限られるため、8歳を過ぎると通常矯正となる場合が多いです。
この他にも、受け口を治療する「ムーシールド」(3歳から適用可)など、永久歯を正しく生えさせ、お子さまの成長を助ける治療法がさまざまございます。 どうぞお気軽にご相談ください。

保険内治療・保険外治療(自費診療、自由診療)   ⇒ 詳しくはこちら

当クリニックの最新治療をより快適にする保証です。   ⇒ 詳しくはこちら

問い合わせ ネット予約