歯列矯正

~ orthodontics ~

歯並びは、単に見た目だけの問題ではありません……。
歯列矯正イメージ 矯正治療をご希望の方のほとんどは、主に見た目の問題を気にされてのことだと思います。
しかし、歯並びの問題は、単に見た目だけの問題ではありません。歯並びが悪いと、噛み合わせの不調和を引き起こします。 噛み合わせの不調和は、顎関節症や頭痛・肩こりの原因にもなります。こうして歯並びの問題は、全身の問題の原因となってゆくのです。
また、一般的なむし歯や歯周病といった病気は、歯並びが悪いことで悪化しやすくなります。さらに、通常の歯科治療は、歯並びがキレイな人を想定した治療法しか研究されていません。 歯並びが悪い人は、普通の歯科治療をちゃんと受けることさえ難しいのです。
当院で矯正治療を受けられる方は、小児矯正は3歳児さんから、成人の方では60歳を超える方までいらっしゃいます。 単に見た目の美しさを回復するためではなく「患者さまの健康寿命に貢献する」という目的のために「歯列矯正で健康に」という概念をひろめてゆきたいです。
矯正の種類は?
歯列矯正は「ひとつとして同じ症例はない」と言われるほど、個々の症例に応じて応用パターンの習得が重要な治療分野です。
しかし、あえてざっくりと大別するならば、当院で扱う矯正の方法は大きく3種類にわけられます。

ワイヤー矯正
もっとも一般的な矯正装置で、歯の表面にブラケットと呼ばれる装置を貼付けワイヤーを入れ、ワイヤーがキレイなアーチを描く性質をうまく利用しながら歯をならべてゆきます。
あらゆる矯正法のなかでもっとも応用範囲が広く、インプラントと組み合わせた確実性・速度を高めた方法も開発されています。
従来は装置のすべてが金属製でしたが、最近ではセラミック製の白い装置やホワイトコーティングワイヤーなど、見た目に目立ちにくい装置も登場してきました。
マウスピース矯正
マウスピース矯正は、透明な「アライナー」と呼ばれる装置を用いて歯列矯正を行う方法です。 あらゆる矯正法のなかで最も目立たず、取り外しが可能で清潔な状態を保ちやすいというメリットがあり、とても人気があります。 しかし、マウスピースでは対応不可能な歯列不正もあり、誰でも受けられる訳ではありません。 また、取り外し式可能で患者さまのご負担が軽いのはいいのですが、外している間は治療効果が得られません。
ですから、治療へのモチベーションが低い方にはおすすめできません。
当院では「アソアライナー」(旧名・クリアアライナー)というシステムを導入しております。 
床矯正(歯列育形成)
主に成長期のお子さまを対象とした、取り外し式の装置を用いた治療法です。
通常の矯正法の多くが抜歯を前提とするのに対して、お子さまの負担をより軽くし、なるべく抜歯しなくて済むことを目標に、歯並びを育て形づくる治療法となります。
同時に、フッ素塗布などのむし歯予防処置を行うことで、治療終了時に「むし歯のないキレイな歯並びをプレゼント」することができます。

一般医の矯正と専門医の矯正
当院では、矯正歯科治療の訓練を受けた歯科医師が、治療を担当いたします。 しかし、あくまで全般的な治療を行う一環としての矯正治療を行なっており、矯正専門での治療を行う意図はありません。
比較的軽度の歯列不正や、むし歯・歯周病・インプラント治療と密接に関係する歯列不正などを、専門医よりは安価な費用で治療させていただくことが、わたしたちが行うべき矯正治療だと考えております。
したがって、より重症度が高い歯列不正の方や、特に舌側矯正(歯の裏側に矯正装置を取り付ける方法)をご希望の方、外科的矯正が必要な患者さまには、当院から専門医をご紹介させて頂きます。
当院では、特に「九反田かねこ矯正歯科」さんと密接に連携をとり治療を行なっております。 矯正治療は「かねこ矯正歯科」で行いつつ歯周病予防は「アポロニア歯科」で行うなど、互いの専門性を生かして柔軟に対応しております。 専門医への患者集中を緩和し「専門医は専門医にしか出来ない高度な治療に力を注ぐ」環境をつくることに、当院としても協力していく所存です。

保険内治療・保険外治療(自費診療、自由診療)   ⇒ 詳しくはこちら

当クリニックの最新治療をより快適にする保証です。   ⇒ 詳しくはこちら

問い合わせ ネット予約