9月末のある日、アポロニア歯科クリニックは、スペシャルゲストを迎えておりました。先日発表された歯科甲子園D-1グランプリにて最優秀歯科医院に選ばれた「つじむら歯科医院」の院長・辻村傑先生です。 つじむら歯科医院は「歯科治療は一生に一度」という概念のもと、完璧な治療と完璧な予防を実施しています。ここ5年間で二千人以上の患者さんが予防プログラムを受け、なんと「歯周病の再発ゼロ!」という素晴らしさです。 今回辻村先生をお招きしたのは、その予防のためのノウハウを教えていただくため。虫歯の予防・歯周病の予防のためには、何をどうすればいいのか? どれくらいのペースで定期メンテナンスするべきなのか? アンチエイジングのために押さえるべきポイントは何なのか? 最新の知見をもとに「歯を失わないケア」の重要なポイントをいっぱい教えてくださいました。 現在弊院でも「つじむら歯科流徹底予防」を一部の方からスタートしており、次第に全院に拡大していく予定です。「悪くなってから削って治す」を卒業して、二度と悪くしない最新の予防プログラムにご興味のある方は、スタッフまでお知らせください。正式スタート前ですが、ご説明の上で個別に対応させていただきますので……。(院長・日野謙一郎)(院内報・歯っぴ~ライフ2012年10月号より)

カテゴリー: 院内報「歯っぴ~ライフ」, 院長ブログ   コメントをどうぞ

黒いソーセージではありません(笑)

どんな歯科医師も、自分で自分の歯を治すことはできません。だから、もし自分の歯が悪くなったら、誰か別の歯医者にかかることになるのですが、そんな時誰に頼るのか……わたしなら「拡大視野で精密治療ができるひと」を最低条件にしますね。(ああ、これでほとんどの歯医者友達から嫌われた気が……(^_^;) )
わたしが拡大視野で仕事をするようになって6年くらいになります。最初のうちは2倍の拡大鏡でも使いこなすのが難しく、慣れるのに時間がかかりました。しかしいったん慣れてしまうと、なしで治療するのが怖くなります。それくらい、見える治療と見えない治療の違いは大きいのです。 今の保険制度は、歯を真剣に守ると、医院が大赤字になるように出来ています。だからこのような「歯を守るための機器」に投資をする先生が少ないのも、仕方がないことなのです。 でも、やっぱり歯を守ることこそが歯医者の仕事。制度の矛盾を超えて、良い仕事をするべく頑張っていきたいです!と言うわけで、先日ついに10倍のテレスコープを買ってしまいました。値段は女房にも秘密にしてます。メガネひとつに軽自動車1台分くらいなんて、言えませんよ!(院長・日野謙一郎)(院内報・歯っぴ~ライフ2012年9月号より)

カテゴリー: 院内報「歯っぴ~ライフ」, 院長ブログ   コメントをどうぞ

歯科衛生士の細川由記です。

7月23日から、弊院に新メンバーが加入しました。歯科衛生士の細川由記です。新人と言ってもすでにキャリア10年のベテラン衛生士なのですが、普通の医院とはちょっと違うアポロニア歯科の診療です。「もういちど新人からやり直すつもりで来てね」ということで、今はまだお勉強が業務となっております。手前味噌で申し訳ありませんが、ちょっと彼女のことを褒めさせてください。「人を雇う」のは難しく、履歴書や面接でホントの所はなかなか掴めません。でも、彼女については「大当たり!」と確信しています。というのも、実は入職して早々にこんな事があったのです。わたしと妻は7時前後には出勤しています。スタッフの定時は9時半なので、それまでの3時間弱が経営者の仕事や医師としての勉強をする時間です。ところがある朝、8時過ぎに誰かが出勤してきました。なんと、先週入ったばかりの細川です。話を聞くと、機材の場所を覚えたり、仕事の練習をするために、自主的に早く出てきたとのこと。その真面目さと向上心に、わたしは感激して泣きそうになりました。彼女に限らず、アポロニア歯科のスタッフは、みな一流の職業人意識を持っています。この医院を本当に支えているのは、わたしではなく彼女たちです。感謝しています。(院長・日野謙一郎)(院内報・歯っぴ~ライフ2012年8月号より)

カテゴリー: 院内報「歯っぴ~ライフ」, 院長ブログ   コメントをどうぞ

一生頭があがりません

「五月病」という病気が、ずいぶん前からあります。 これは、環境の変化による一種のこころの病です。春になると、入学・就職や職場の移動で、環境が大きくかわります。うまく馴染むことができればいいのですが、環境の変化に適応できず精神的に参ってしまうことがあります。これが五月病です。今でこそ医院の責任者として頑張っているヒノケンですが、この病気では、一生忘れられない苦い思いをしました。
わたしは、歯科大を卒業した後、すぐに大阪の大きな病院で研修を受けました。同期の研修医は100人以上いましたが、誰よりもがんばり、もっとも多くの患者さまを診て研修を終えました。「これからボクは日本でもトップクラスの歯科医師になるんだ!」そんな自信にに溢れたわたしは、今の妻と結婚し(新婚)、高知に引っ越し(新天地)、新たな就職先(県内某歯科)も得てヤル気まんまんでした。ところが……。そのヤル気まんまんだったわたしが、就職して3ヶ月経たずして、もう出勤不可能になってしまいました。仕事では思うように自分の能力を発揮できず、言葉も違うし、患者さまや上司ともコミュニケーションがとれず、ある朝目覚めても布団から出られなくなったのです。「こんなハズじゃなかった!」「何とかしないと!」と思うのですが、体は動きません。結局そのまま退職となりました。もちろんその後ちゃんと復活し今に至るのですが、今でもたまに履歴書を書くと当時のことを思い出します。職歴欄に記す、たった3ヶ月の某歯科勤務。苦い想い出ではありますが、おかげで「仕事に悩む」ということがどういうことなのか、身をもって知ることが出来ました。今では、そのことを感謝しています。(院内報・歯っぴ~ライフ2012年6月号より)

カテゴリー: 院内報「歯っぴ~ライフ」, 院長ブログ   コメントをどうぞ

この色は、院長にはあまり似合わないようです(笑)

先日、スタッフ向けのカラーコーディネートセミナーを院内で実施しました。実は近々、ユニフォームをリニューアルしようと思っておりまして…(*^_^*)スタッフが生き生きと輝いて見えるような色を選ぶにはどうすればよいのか、プロのテクニックを教えてもらおうという試みです。 講師はわたしの幼馴染でもあるノエビアおうちサロン『ほにほに』の斉藤香里さんにお願いしました。色と空間の関係から、自分の肌色を知ること、顔色がよく見える色の選び方…などなど、とてもわかりやすく教えてくださいました!
実際にコーディネートしてみると、自分の好きな色や、今まで合っていると思っていた色が、実は似合わなかったり、逆に思いがけない色で自分の顔色がよくなったりと、スタッフ全員、驚きの連続でした!
色々と勉強になり、有意義な時間を過ごせたと思います。
これを元に、いったいどんな風にスタッフのユニフォームが変わるのか…今年、桟橋通に移転してから五周年を迎えるアポロニア歯科が“また行きたい”“行ってみたい”ステキ空間になるために、これからも色々と工夫していきたいと思います。どうかご期待ください!(副院長・日野順子)(院内報・歯っぴ~ライフ2012年5月号より)

カテゴリー: スタッフブログ, 院内報「歯っぴ~ライフ」   コメントをどうぞ